プロフィール

Miwa Narita

Author:Miwa Narita
成田美和 / フェイシャルアナリスト

オーガニーク株式会社代表取締役
米国コスメトロジスト
米国管理栄養、予防医学指導士
米国予防医学協会会員

アメリカ、日本等でのデイスパ経営、
サロンワークのほか、
スクールインストラクター、
各地でのセミナー、スパコンサルタント、
サプリメンテーションアドバイザー、
化粧品開発などを手がける。

ヴァンサンカン等の美容雑誌にて
連載や記事を執筆。
著書「からだの中までキレイになる
フェイシャルセラピー」
「アロハビューティーの法則」など


☆関連書籍☆



↑3冊目です。マッサージの方法などが写真入で細かく説明されています。



↑ハワイのビューティートレンドも紹介している2冊目の本。



↑1冊目。フェイシャルアナリシスで、体の中からケアできるお手入れを細かく説明しています。



↑女性起業家達のサクセスストーリーが満載。
ORGANIQUEを起業するときのストーリーも掲載されています。



↑愛用コスメとして、弊社の化粧品を紹介していただきました☆



↑愛用コスメとして、弊社の化粧品を紹介していただきました☆



↑愛用コスメとして、弊社の化粧品を紹介していただきました☆



↑BOTANIQUE SANCTUARYをご紹介いただきました☆



↑BOTANIQUE SANCTUARYをご紹介いただきました☆



↑BOTANIQUE SANCTUARYをご紹介いただきました☆



↑BOTANIQUE SANCTUARYをご紹介いただきました☆



↑デトックスに関しての情報本。私のデトックスについてのコメントも掲載されています。



↑「上質」な時間や人、事柄をショートストーリーでまとめた一冊。著者の川島蓉子さんが私のフェイシャルを受けた際のストーリーも掲載されています。




Copyright © organiquehawaii.com, All rights reserved.

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

MOMになる事って。。。

最近、サロンでもお客様からの妊娠に関する質問がとても増えていますが、
中でも妊娠中と、出産後のケアを気にされている方が多いようです。

女性の体は妊娠してから急激にホルモンバランスが変化します。
特に女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンの値は、
赤ちゃんを育てるプラセンタが体内でできるため、
ピーク時は、妊娠前よりも十数倍になるといわれています。

もともと性ホルモンは肌に色々な影響を与えますので、
妊娠中は特に色々な肌変化に気づく方が多く、症状はそれぞれです。
お客様の中では、にきびがなかなか消えなかったのに、
妊娠を期にすっかり治ってしまった人もいますし、
私のように、かなりオイリーになる人もいます。
(一時期的にニキビも出ていました。)
逆に肌がすごく乾燥する場合や、調子が良くてすべすべになっている場合も。
また、妊娠中は「妊娠じみ」なんて言葉もあるくらい、
肌の色素がアクティブになるので、顔などにしみが出たり、
お腹に色素の縦線(正中線)、乳房や脇下の色素が濃くなる事もあります。

妊娠期から授乳している場合はそれが終わるまでは、
少なくとも母体は赤ちゃんを育てることに全精力を注ぎ込むので、
肌の変化や、同じケラチンでできている爪や髪にも変化が出てくるのはいなめません。。。
分娩後脱毛症といって、出産後に髪が多く抜けるのを心配される方も
多いのですが、殆どの場合状態は良くなるものです。

症状のでかたには全て個人差があり、ケアの仕方もそれによって異なるため、
ブログに書ききれないのが残念ですが、
気になる方は、小さな悩みでも、トリートメントを受ける際に
是非ご相談ください。

ninpu.jpg

妊娠&出産に伴う体の変化に戸惑う方も多いのですが、
何よりも、人間を一人産んで育てる!というプロセスに関っている大切な時期で、
体はちゃんと一生懸命にフル回転してくれています。
それに、「出産は解毒」といわれるほど女性にとってはリニューアルの時期。

出産後にもっとキレイになった人を沢山見てきていますが、
出産後にゆるゆるになった骨盤をきちんと引き締めたおかげで、
出産前は27インチのジーンズをはいていた友人が、25インチになったケースも。
体のメンテナンスをする絶好のチャンスですね。
私もがんばろうっと。。。

不妊のお悩みも非常に多く伺い頂います。
様々なケースがあり、センシティブな事ですね。
私もそうでしたが、色々調べて何も問題が無いのに
なかなか授からないという場合もかなり多い様です。

私の場合は、まず自分の体のリズムを「改めて」良く知る事を
とにかく徹底してみたのですが、そのひとつの方法として、
ホルモン周期をチェックするIPHONEのアプリケーションで、
意外と分かっているようで分かっていない自分のホルモン周期を把握しました。
(P.TRACKERというアプリです。ノートなどに書くより、
自動的にグラフや日数計算もしてくれるので、とても便利!
赤ちゃんができる日もご丁寧に教えてくれるのです。。。)
このアプリは、排卵日を知らせてくれるのですが、
排卵チェッカーで確認すると、うまく排卵できていない日もあったので、
栄養バランスを考えたダイエットをして、きちんと排卵できるようになりました。

ninpu2.jpg

↑ちなみに使用した排卵チェッカーは唾液で検査できるスコープタイプです。

この前、陣痛が来て急いで病院にいきました。
いよいよか?と思ったのですが、まだ完全に内子宮口が開かないので、
赤ちゃんの状態をチェックし、安静にしてそのまま帰りました。
結局「前駆陣痛」という症状で、陣痛の予行練習のようなものだそう。
とんだフェイントでしたが。。。

お腹も重いし、何より早くわが子の顔が見たいので、
早く出てきて欲しい気持ちが山々なのですが、
どのタイミングで、いつの誕生日を選んで生まれてくるのかは、
神様のプランに任せるのみ。
人の生死はコントロールできませんね。
生命の不思議を実感します。

<< 毎度のおフロ | ホーム | 庭のお花 >>


 ホーム