プロフィール

Miwa Narita

Author:Miwa Narita
成田美和 / フェイシャルアナリスト

オーガニーク株式会社代表取締役
米国コスメトロジスト
米国管理栄養、予防医学指導士
米国予防医学協会会員

アメリカ、日本等でのデイスパ経営、
サロンワークのほか、
スクールインストラクター、
各地でのセミナー、スパコンサルタント、
サプリメンテーションアドバイザー、
化粧品開発などを手がける。

ヴァンサンカン等の美容雑誌にて
連載や記事を執筆。
著書「からだの中までキレイになる
フェイシャルセラピー」
「アロハビューティーの法則」など


☆関連書籍☆



↑3冊目です。マッサージの方法などが写真入で細かく説明されています。



↑ハワイのビューティートレンドも紹介している2冊目の本。



↑1冊目。フェイシャルアナリシスで、体の中からケアできるお手入れを細かく説明しています。



↑女性起業家達のサクセスストーリーが満載。
ORGANIQUEを起業するときのストーリーも掲載されています。



↑愛用コスメとして、弊社の化粧品を紹介していただきました☆



↑愛用コスメとして、弊社の化粧品を紹介していただきました☆



↑愛用コスメとして、弊社の化粧品を紹介していただきました☆



↑BOTANIQUE SANCTUARYをご紹介いただきました☆



↑BOTANIQUE SANCTUARYをご紹介いただきました☆



↑BOTANIQUE SANCTUARYをご紹介いただきました☆



↑BOTANIQUE SANCTUARYをご紹介いただきました☆



↑デトックスに関しての情報本。私のデトックスについてのコメントも掲載されています。



↑「上質」な時間や人、事柄をショートストーリーでまとめた一冊。著者の川島蓉子さんが私のフェイシャルを受けた際のストーリーも掲載されています。




Copyright © organiquehawaii.com, All rights reserved.

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

空気中の有害物質

空気中には、目に見えないホコリや花粉等の微粒子が浮遊しています。

これらの微粒子にアレルギー反応を起す人は年々増えており、
アレルギー以外でも身体への影響を懸念する微粒子も問題になっているので、
空気の状況を数値で計ることが出来る気質指数計で、
毎日の空気状況をチェックしています。

IMG_9851.jpg
本日のハワイ・カハラ地域の屋外の空気状況です。

左側の3桁になっている数値は、2.5μm(PM2.5)以下の微粒子の状況を表します。
右側の2桁になっている数値は、2.5~10μm(PM10)以下のやや大きめの微粒子の数値です。

この気質指数計は、ホコリ、ウイルス、カビ、花粉、
砂塵、粉塵、風塵などをレーザーでチェックします。
どちらの数値も数値はなるべく低い方が良いです。
ちなみに、2.5μm 以下の微粒子数レベルの指標は
以下のようになっています。

1000+  ・・・微粒子が非常に多い
350-1000・・・微粒子質が多い
100-350・・・ノーマル
50-100・・・微粒子が少ない
25-50・・・微粒子が非常に少ない
0-25・・・空気汚染なしの最高レベル

今日のハワイは、昨夜からかなり風が強く、
庭の木の枝が沢山落ちていたくらいです。
そのためか、野外空気状況は360なので、
やや微粒子が多めです。
時期によってハワイ島の火山灰が
空気に運ばれてくるときがありますが、
そういう日は、500近くになることもあります。

IMG_9862.jpg
ちなみに私のベッドルームの状況。

IMG_9894.jpg
棚などを水拭きして、
掃除機をかけた後です。
ちょーっとだけ減っていますが、
まずまずといったところですかね。。。

でも!空気清浄機をかけますと。。。

IMG_98866.jpg
こんなに数値が下がります!

IMG_9856.jpg
色々試した中でも、しっかり空気清浄してくれるのは、
断然、HEPAというフィルターが内蔵されているもの。
(↑ は、SHARPのプラズマクラスター空気清浄機です☆)

HEPAでない空気清浄機は、ここまで数値が下がりません。。。

ありがたいことに、我が家は元々アレルギーが無いですが、
私達が気付かずに吸っていたであろうカビ菌等も
清浄機が退治してくれているのを
数値で確認できると嬉しくなります☆
娘が幼稚園でもらってくる風邪もうつらなくなったのは、
このおかげかな?と思ったりしています。

先日、東京都港区在住の友人が、
この気質指数計で、外の空気を数週間計ったところ、
平均が780だったそうです。。。
空気清浄機は、いまや必需品となっているかもしれませんね。

場所や時期によって、大気状態は変わりますが、
ご自身のお住まいの地域、全世界の大気汚染や気質指数の状況を、
↓下記のWEBでリアルタイムにチェックできます。

http://aqicn.org/map/world/

大気状況は、数値と色で分かりやすく区別されていますが、
中国。。。野外活動を中止とされる最悪レベルの重汚染のサインが沢山。。。
この地域の住民の健康状態を案じてしまいます。。。


<< 最高の朝食♪ | ホーム | ろく助のお塩☆ >>


 ホーム