プロフィール

Miwa Narita

Author:Miwa Narita
成田美和 / フェイシャルアナリスト

オーガニーク株式会社代表取締役
米国コスメトロジスト
米国管理栄養、予防医学指導士
米国予防医学協会会員

アメリカ、日本等でのデイスパ経営、
サロンワークのほか、
スクールインストラクター、
各地でのセミナー、スパコンサルタント、
サプリメンテーションアドバイザー、
化粧品開発などを手がける。

ヴァンサンカン等の美容雑誌にて
連載や記事を執筆。
著書「からだの中までキレイになる
フェイシャルセラピー」
「アロハビューティーの法則」など


☆関連書籍☆



↑3冊目です。マッサージの方法などが写真入で細かく説明されています。



↑ハワイのビューティートレンドも紹介している2冊目の本。



↑1冊目。フェイシャルアナリシスで、体の中からケアできるお手入れを細かく説明しています。



↑女性起業家達のサクセスストーリーが満載。
ORGANIQUEを起業するときのストーリーも掲載されています。



↑愛用コスメとして、弊社の化粧品を紹介していただきました☆



↑愛用コスメとして、弊社の化粧品を紹介していただきました☆



↑愛用コスメとして、弊社の化粧品を紹介していただきました☆



↑BOTANIQUE SANCTUARYをご紹介いただきました☆



↑BOTANIQUE SANCTUARYをご紹介いただきました☆



↑BOTANIQUE SANCTUARYをご紹介いただきました☆



↑BOTANIQUE SANCTUARYをご紹介いただきました☆



↑デトックスに関しての情報本。私のデトックスについてのコメントも掲載されています。



↑「上質」な時間や人、事柄をショートストーリーでまとめた一冊。著者の川島蓉子さんが私のフェイシャルを受けた際のストーリーも掲載されています。




Copyright © organiquehawaii.com, All rights reserved.

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老人性疣贅のケア!

 顔の側面や首の辺りに特に出来やすい、老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)。

このブログを読んで下さっているジェネレーションの方でしたら、
一番多く出始めるタイプのものは、
一瞬小さいシミか、そばかすの様に見えますが、
点々とした無色~薄茶色で、
指で触ると少し盛り上がっているカンジです。
(そばかすは盛り上がっていません。)

まずは、指で触ってみたりして、
出ていないかどうか、ご自身のお肌をチェックしてみて下さい☆
ちなみに、以前からオイリー肌気味な肌質の方は、
特に発生しやすい傾向にあります。

IMG_1204.jpg
この様な老人性疣贅は、肌の代謝不良や老化、
サンダメージなどによって引き起こされます。
老人性という嫌な名前がついていますが、
早い方では20代後半くらいから既に発生している場合も少なくありません。

この様な症状は、日差しのケアなどで、
これ以上増やさない様に、現状維持の予防をする事は出来ますが、
日常的なホームケアだけでは、
残念ながら、減っていく事はまずありません。。。

そこで、気にされている方は、是非ご相談下さい!
一度のトリートメントで、老人性疣贅を解消できます☆

IMG_1205.jpg
↑この様に、老人性疣贅を浮き上がらせて・・・
(トリートメント中)

IMG_1206.jpg
↑ 取ってしまいます!
(トリートメント直後)
赤みは多少出ていますが、ポツポツがきれいになっているのが
お分かり頂けますでしょうか??
ちなみに、向かって右側のものは、
老人性疣贅ではなくホクロなので、取りませんでした。

この後、1,2日程薄っすらと赤みが残る方もいらっしゃいますが、
2,3日程は、直射日光に当たったり、
洗顔時にゴシゴシしない事さえ守って頂けましたら
痛みや、絆創膏などもする事無く、
生活に支障も無く、綺麗になります☆

ちなみに、このケアは、カハラサロンのみ行っています。

メニューはこちらをクリック

*メニューには、1個$20~と書いてありますが、
これはサイズが3mm以上の大きいものの事です。
なお、この疣贅取りは、フェイシャルの一環として行っていますので、
疣贅取りはのみは行っておりませんが、
首から顔に出ている15個以下で
上の写真の様な小さなものですと、
フェイシャルトリートメントのご予約の際に、
サービスの一環として行うので、
ご希望の方には、チャージは無料で行っています☆

アメリカと日本では、美容の法律が異なるため、
日本で、老人性疣贅のケアをご希望される方は、
皮膚科にてご相談されることをお勧めします。

IMG_1201.jpg
↑これは、わき腹です。

IMG_1202.jpg
↑赤みは出ますが、殆ど痛くないです。
2,3日は、スイミングやビーチでの日焼けに注意です☆

IMG_1203.jpg
↑トリートメント直後です。
老人性疣贅の跡は殆ど目立っていません。

IMG_1149.jpg
↑こちらは、額に出来た直径1.5㎝の盛り上がった大きめの老人性疣贅。
その周りにも細かいものが多発しています。
50代を過ぎた頃になると、この様な大きめの物も多発しやすくなります。

IMG_1418.jpg
↑トリートメント直後。
この場合、サイズが大きいので、
かさぶたができ、落ち着くまでに1週間~10日程かかります。

IMG_1404.jpg
↑完全に落ち着いた状態。
跡は、殆ど分かりません。

色々なお肌のお悩みがあると思いますが、
少しでもお客様の問題解決に近づけるよう、
自分のライフワークとして、
日々実践と研究を続けております。

人のお肌ばかり触り続けていて、
トータルで何万人のお肌と向き合ったでしょうか・・・
気付けば今年で、コスメトロジスト暦20年となりましたが、
まだまだ、この情熱は続きます!!! 

<< みるみる泡が立つ不思議な洗顔料! | ホーム | 最高の朝食♪ >>


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。